ヴォルフガング・ライヒル

博士(工学)・修士(法学)
Dr.-Ing. Wolfgang Reichl, Dipl.-Ing. LL.M.
wreichl@merh-ip.com

ヴォルフガング・ライヒルは、ドイツ弁理士の資格をもち、欧州特許庁と欧州共同体商標意匠庁の登録代理人です。また、MERH-IPの創設メンバーの一人です。

特許実務では、登録までの手続きと特許訴訟の両方をカバーし、特に、電気通信、情報技術、ソフトウェアベースの発明が主体となっています。

ヴォルフガング・ライヒルは、異議申立て、無効審判、上訴審理、また数多くの特許侵害訴訟においてクライアントの代理人を頻繁に務めています。特許侵害訴訟において、鑑定人として召喚され、技術的専門家としての立場で所見を述べることもあります。

ヴォルフガング・ライヒルが、特に関心をもっているのが、ヨーロッパにおけるソフトウェアベースの発明の特許化です。この分野での彼による数多くの文献が出版されています。

ヴォルフガング・ライヒルは、MERH-IPを創設する前は、ジョーンズ・デイ法律事務所に所属し、特許付与までの手続き、異議申立て、無効審判、特許訴訟を主としてフォーチュン500 の企業の向けに行ってきました。

弁理士の専門教育の後、ハーゲン大学において法律学を専攻し、ヨーロッパの知的財産の専門分野において法学修士(LL.M)の学位を取得しました。

ヴォルフガング・ライヒルは、ミュンヘン大学で電子技術と情報技術を学び、修士号と博士号課程を最優秀の成績で修了しました。その後3年間、米ニュージャージー州のベル・ラブズ・ルーセントテクノロジーズ社のマルチメディアコミュニケーションラボに従事し、主に、電子言語処理、言語認識・理解を対象とした研究を行いました。さらに、コールセンター、無線メディアアプリケーション、VoIP(ボイスオーバーインターネットプロトコル)等の電気通信分野の複雑なアプリケーションの開発に関わりました。